投稿ガイド

投稿のしかた

投稿ガイド

初めての投稿は、勇気が入りますよね。普段SNSを活用している人ならそんなに抵抗がないかも知れませんが、そうでない場合は記事を一つ書くのも大変だと思います。この記事を読むことで、投稿してみようかなと思ってもらえたら幸いです。

投稿をクリック

ログインすると、上の方に何やらメニューが表示されると思います。そこの「新規」をポイントすると、「投稿」と「メディア」というサブメニューが表示されます。メディアでは画像などをアップロードする画面に行くのですが、これは後ほど説明します。投稿をクリックしてみて下さい。

ブロックエディター

WordPressでは、記事をブロックエディターで書いていきます。様々なブロックがあるのですが、最低限タイトルと文章があれば記事は完成します。初めて投稿をクリックした方は次のような、ブロックエディターの使い方紹介のページが表示されると思います。

ブロックエディターにようこそ

次ボタンを押して説明を読んでも構いませんし、ダイアログを閉じても構いません。まずはタイトルと本文を入力してみましょう。

ダイアログを閉じるとタイトルを入力出来るようになります。

タイトルと本文を入力してみました。本文は正確には「段落」というブロックになります。ENTERキーを押して改行すると、段落ブロックを一旦終了して、新たに段落ブロックを作ってしまいます。ただ開業したい場合は、SHIFT+ENTERで改行して下さい。

本文が書けたら、いよいよ公開ですが、その前に記事のカテゴリーを確認して下さい。右側に設定画面が開いていない場合は、歯車アイコンをクリックして設定を出します。設定には、投稿とブロックがあり、投稿はその投稿全般の設定。ブロックは、今編集しているブロックの設定になります。
ここでは、投稿の設定に中から、カテゴリーを選んでみます。様々なカテゴリーがありますが、迷った場合は「お知らせ」のままで構いません。
単独公演のお知らせは、公演が終了したら記事を編集して公演履歴の単独公演のカテゴリーに修正することで、お知らせのページに表示されなくなります。

最後に、右上にある「公開」ボタンを押すことで、記事が公開されます。下書き保存を押せば、公開されずに後で記事の続きを書くことが出来ます。プレビューをクリックすれば、書いた記事がどう表示されるかの確認が出来ます。また、書いた記事は書いた人に著作権があるので、後で編集したり、削除したり出来ますので、気軽に記事を書いてみては如何でしょうか。

様々なブロック(H2)

記事を見栄え良くするために、様々なブロックがありますが、代表的なものをいくつか紹介します。

見出し(H3)

見出しブロックは、いくつかの見出しを記事に付けることが出来ます。ルールは必ずH2の見出しから使う事です。サブ見出しがH3で、更にサブがH4で、見出しはH6まであります。

画像

次に重要なのは、画像でしょう。写真やイラストなどのファイルを記事に添付する場合は、画像ブロックを使います。

画像ブロック

アップロードを選べば、自分の端末から画像をアップロード出来ます。メディアライブラリを選べば、過去にアップロードされた画像を使うことが出来ます。この場合、サイトにある全ての画像から選ぶことが出来ます。URLから挿入を選べば、どこかで公開されている画像を記事に挿入できます。

表を挿入は、テーブルブロックを使います。ブロックの設定で、ヘッダーセクションを追加すれば、表のラベルも追加できます(下表の1行目)

日時学校
6月1日仙台農業高校
6月2日石巻芸術高校

カラム

カラムを使うと、ページ幅を縦に割って効率良くコンテンツを配置できます。

休める日どんな人?
土日のみ会社員
月曜日床屋さん

表が小さいから、右側に文章を回し込んで書くとか、そういうことも出来ます。
ちなみに、このカラムは、30/70 のカラムになります。

その他にも様々なブロックがありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました